それも物語

2018/04/10           

No image

先日、ある講座でこんなお話を聞きました。「昔のアイヌの人たちは、母親が育児放棄した子どもがいたら、他人でも面倒を見ていた。優しいとか慈悲深いとかではなく、いま目の前に面倒を見る人がいない子どもがいるから見ている、という感覚。それは事情がどうとか、モラル的にどうとかではなく、目の前に起こっていることに、ただ応じているだけのように見える。ある母親は10人の子どもを産んだが、全員を育児放棄した。でも成長...

       

ダーナ(布施)をもらいました

2018/04/05           

No image

アジャン・ニャーナラトー師はリトリートで寄せられた“仏教の修行とは何ですか?”という質問に対してダーナ(布施) いいことをするシーラ(戒)  悪いことをしないバーワナー(瞑想) 今に帰ってくると答えられました。日本語で布施というと金銭的な寄付の意味になりますが、パーリ語(南伝上座部仏教の経典で主に使用される言語)の“ダーナ”の意味はもっと広く、誰かに何かを与えること全般を指すようです。タイで出家されて...

京都のおじさんと広東のおじさん

2018/03/31

アジャン・ニャーナラトー師の通いのリトリートは京都の梅小路公園の緑の館というところで行われたのですが、会場となった部屋の前に緑に関する問い合わせを受け付ける窓口がありました。1日目の最後の瞑想中、突然、年配の男性の声が響き渡りました。どうやら緑の問い合わせ窓口に質問に来られたらしい。「ここはええお庭ですな」といった感じの話から入り、園内に流れている小川の水源のことや花のこと紅葉のこと、ひとしきり話...

       

京都で泊まったゲストハウス

2018/03/29

アジャン・ニャーナラトー師の通いのリトリート参加のため、京都の梅小路公園の近くにある“はる家”さんという町家ゲストハウスに1泊しました。おっやるな!と思った点が2つ。①地域おこしをしているチェックインすると、結構な時間をかけて色々と説明を受けました。「当店にはシャワーが1つしかないのですが、近くに銭湯が2軒ありまして…」「当店では朝食のサービスはございませんが、付近においしい朝食が食べられるお店がござ...

       

かついでいない人

2018/03/26

私が自分の師だと(勝手に)思っている、座禅や瞑想を教えて下さったり、ブッダの教えを説いて下さる方々は皆さんとても軽やかです。3月24日と25日に京都で行われたアジャン・ニャーナラトー師の通いのリトリート(瞑想会)に参加してきました。ニャーナラトー師には初めてお会いしたのですが、師も軽やかな方でした。参加者からの質問に、ご自身の後悔しているエピソードなども交えつつ、1つ1つ丁寧に、どういう言葉がもっ...