FC2ブログ
        

ごみを拾って何か変わるか?

2017/ 12/ 29
                 
ウォーキングを始めて1ヶ月ちかく経ったでしょうか。近頃はスーパーのレジ袋を持って行って、帰り道でごみを拾っています。気持ちよく歩かせてもらっている自然にお礼と、やっぱりごみがない風景のほうが気分がいいから。


今日も拾っていると、ふと今年の春のことを思い出しました。「長年ごみ拾いをやりましたが、ごみを拾っても何も変わらないってことが分かりました」 これは鹿児島で出会った若者の言葉。彼は鹿児島で長年ごみ拾いをやっていて、有名人から連絡が来たこともあるそうです。彼がこう言ったのは照れ隠しだったかもしれませんが、なんとなく頭の隅にひっかかっていました。


ごみを拾っても何も変わらない?彼は何が変わることを望んでいたのかな。何が変わったら、変わったって思えたのかな。


バタフライ効果ってありますよね。“ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こす”とか“風が吹けば桶屋が儲かる”とか。人の何かの行動って、竜巻を起こすまでは行かなくても、必ず何かに影響を与えているような気がしてなりません。


たとえば彼からごみ拾いの話を聞いたり、しのさんのごみ拾いのブログの記事を読まなかったら、私もごみを拾おうと思わなかったでしょうし、私がごみを拾わなければ、私のウォーキングコースは今よりちょっとごみが多かったことでしょう。私が拾わなかったコンビニコーヒーのプラスチックの透明カップやレジ袋は溝に落ち、雨で流され川に浮かび海にたどりつき、魚を窒息させたかもしれません。その道を通る他の方もやっぱり、ごみがないほうが気持ちいいと思うのです。拾ったペットボトルや空き缶は資源ごみの日に出され、何かに再生されます。鹿児島の彼の話を聞いた人で、地元でごみ拾いをはじめた人が私の他にも何人かいるかもしれません。


何も変わってないことないよ、今、その鹿児島の彼に会ったら言えるのになあ。


いつも読んで下さって、ありがとうございます!

スポンサーサイト
                 

コメント

        

最近ゴミ拾いしていないので(カフェで働くようになってエネルギーが余らなくなった)、なんだか申し訳ないです。

私のことはともかく、meiさんが最近どんどんいい方向に向かっているのが伝わってきて、とてもうれしいです。

今年は大変お世話になりました。
お目にかかったことはないけれど、法友がいるというのは心強いものですね。
ありがとうございます。

どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
よいお年を!
しのさん

いつも読んで下さってありがとうございます!「ブッダの生涯を身読する」第二回も貴重な内容をシェアして下さって、ありがとうございました。私が座禅会に行くのをやめたのは、ときめかないせいでもありますが、そこにhavingを求めている自分に気づいたからでもあります。気づかせてもらえて、とてもよかったです。(*^_^*)


しのさんの背中を追いかけるようにして今年の春から始めたブログも、なんとか年末まで続けることができました。これもひとえに前を歩いて下さっているしのさんがいてこそです。ひとりだったら、とっくにやめていたかもしれません。


書くことって本当に不思議ですね。ただ起こったことを書くだけじゃなく、書くことで何かに気づいていったり、何かが変わっていくような。そんな経験ができて、本当に楽しい2017年でした。法友と言ってもらえて、うれしいです。しのさんの2018年が楽しくあたたかい年でありますように!