FC2ブログ

今年半年、ありがとうございました

2017/12/31

このブログを読んで下さっている皆さまへ他の方の今日のブログをいくつか見ていると、皆さん今年のブログのまとめ的な記事を書かれていて、それぞれに面白かったです。そうか、年末はこういうことができる年に1回しかない機会なのに、ブログ歴半年の私は何の用意もせずに、ボーっと年末を迎えてしまった。来年はやろう!ということでご挨拶だけになりますが、いつも私のとりとめのないつぶやきを読んで下さってありがとうございま...

               

ごみを拾って何か変わるか?

2017/12/29           

No image

ウォーキングを始めて1ヶ月ちかく経ったでしょうか。近頃はスーパーのレジ袋を持って行って、帰り道でごみを拾っています。気持ちよく歩かせてもらっている自然にお礼と、やっぱりごみがない風景のほうが気分がいいから。今日も拾っていると、ふと今年の春のことを思い出しました。「長年ごみ拾いをやりましたが、ごみを拾っても何も変わらないってことが分かりました」 これは鹿児島で出会った若者の言葉。彼は鹿児島で長年ごみ...

       

ときめかないから…

2017/12/27           

No image

先日友人とお茶をしていた時のこと友人「来年の1月に東京で開催されるイベントに行きたいけど迷ってるんです」私「そのイベントに参加してる自分を想像して、ときめくんだったら行ったら?」10月から片づけ生活を始めて2ヶ月以上。まだまだ片づけは道半ばですが、衣装ケース10箱以上の服や物置部屋の大物(籐椅子や壊れたオーディオや布団乾燥機・コタツなどなど)と向き合い、その都度さよならしてきて、ちょっとずつ、こん...

九九消寒図

2017/12/23

昨日は冬至でしたね。母がかぼちゃを炊いて、お風呂に柚子をいれてくれました。“九九消寒図”とは昔、中国で春を待つ遊びとして書かれていたようです。(私が中国に住んでいた時には見たことがないので、今ではすたれてしまったのでしょう)冬至を1日目として、9日を9回(81日)過ごすと春が来る。ネットに九九の数え歌がありました。"一九二九不出手,三九四九冰上走,五九六九看杨柳,七九河开,八九燕来,九九加一九,耕牛...

               

信じること

2017/12/21           

No image

先日は熊本に行く用事があったので、ずっと行きたかったサウナと天然温泉の湯らっくすに泊まってきました。今年の夏にリニューアルしたそうで、2階には休憩スペースやレストラン、ドミトリー式ベッド、ヨガスタジオ、漫画の蔵書、談話コーナー、パソコンコーナーなど設備が充実しており、ここに住みたい!と思ってしまうほど。お風呂に入って夕食のちゃんぽんを食べた後、前から読みたかった井上雄彦さんの『リアル』を読みふけっ...

       

踊るおばさん

2017/12/16           

No image

朝のウォーキングを始めて10日くらい経ったでしょうか。そろそろ決まったパターンができつつあります。午前8時から8時半の間に出発、家から歩いて10分ほどのH山登山口まで行く。登山口あたりの少し広くなったところで5~10分ほど歩行禅。そこから山のほうへ5分ほど登って下りてきて、登山口にあるH公園で5~10分ほど変な踊りを踊る。そして自宅へ帰る。だいたい50分くらいのコースです。こんな感じで毎日帰る前に...

       

私も両親のように振る舞いたい?

2017/12/13           

No image

先日行ってきたワークショップで面白いワークがありました。隣の人とペアになって、お互い日常生活で悪いと思っていること・嫌なことをいくつかあげます。例えば私は■タバコを人前で断りなく吸うこと■物を大事にしないこと■一緒にいる時にずっとスマホを触ること■自分の価値観を人に押し付けること(あと2つくらいありましたが忘れました)あげた後、今度はそれをやりたいと大声で言う■私はタバコを人前で断りなく吸いたい■私は物...

       

最近はじめたこと

2017/12/11           

No image

だいたい3日間坊主なので、何かを始めてもすぐ飽きるか忘れて、やらなくなってしまいます。最近はじめた以下のことも、どのくらい続くか分からないのですが、ブログに書いておくと多少は続くかなと思い、書いておきます。1、朝のウォーキングこの間の体調不良で、少しは体を動かさねば!と思い、朝、小一時間のウォーキングを始めました。夏頃は少し裸足散歩をやっていたのですが、今はさすがに寒いので地下足袋で歩いています。...

人の沼~『逆さに吊るされた男』感想~

2017/12/08

田口ランディさんの新作小説『逆さに吊るされた男』を読み、2~3日重たい気分になっています。作品には暗喩として沼がたびたび登場するのですが、その沼がまとわりつくような気分。私を取り込もうとするこの重い沼はなんだろう。もしかしてそれって人(の作る組織)の沼かなあ。それは誰が悪いとかじゃなくて、色んなしがらみによって、望まぬほうへと否応なく引きずり込まれていく沼。一歩間違ったら自分も取り込まれてしまいそ...

               

焦点の変化

2017/12/05           

No image

人ってもしかして優しいんじゃない?と思い始めると、それを証明するような出来事が次々と起こる。というか、今までそこに焦点を向けて来なかったのね。例えば帽子を買いたいと思っている人は帽子をかぶっている人に目が行くだろうし、子どものいるお母さんは同じ年くらいの子どもに目が行くでしょう、恋人がほしい人は街ゆくカップルに目が行くはず。以前の私は、どちらかというと色んな出来事の悪いところや色んな人の欠点のほう...

「起こる全ては天の采配」(中国ドラマ『雍正王朝』より)

2017/12/03

「起こる全ては天の采配」これは中国ドラマ『雍正王朝』の十三皇子のセリフです。『雍正王朝』とは清の第5代皇帝 雍正帝(ようせいてい)の即位前から死までを描いたドラマ。見どころはなんと言っても先帝である康熙帝(こうきてい)が亡くなる時、たくさんいた皇子の中で誰を後継者にするかという手に汗にぎる場面。(もともとは康熙帝が溺愛した二皇子が皇太子だったのですが、政治に関わってはならない皇子が皇太子の特権を利...

               

カラダは知っている

2017/12/01           

No image

やっと体調もほぼ戻りつつあった矢先、今度はお尻を負傷してしまいました。雨が降っている日に出かけようとして、門を出たすぐの3段の階段で滑って尻もちをつき、お尻をしたたか打ちまして。(いちおう言い訳としては長靴をはいてたから…)ということでそろそろ終了しようと思っていた生姜湿布を今は尾てい骨付近にやっています。床に座ったり、しゃがんだ姿勢から立ち上がるのがかなり痛く、父の釣竿を杖代わりに室内を闊歩して...