FC2ブログ
       

『日日是好日』を読んで③

2018/11/30           

No image

引き続き、『日日是好日』を引用しつつ読んで思ったことを、つれづれに書こうと思います。(※赤字は引用です)作者は挙式の2ヶ月前に結婚相手の裏切りを知り、悩んだ末に破談にすることを決めました。映画でも主人公が駅のホームで泣きだして、しゃがみこむシーンがあります。これ、すごく分かるのです。十数年前もと夫さんとの離婚が決まったものの、引っ越しの関係もあって2~3日は一緒に住んでいなければなりませんでした。...

       

『日日是好日』を読んで②

2018/11/28           

No image

前回に引き続き、『日日是好日』を引用しつつ読んで思ったことを、つれづれに書こうと思います。(※赤字は引用です) 世の中には、「すぐわかるもの」と、「すぐにはわからないもの」の2種類ある。すぐわかるものは、一度通り過ぎればそれでいい。けれど、すぐにわからないものは、フェリーニの『道』のように、何度か行ったり来たりするうちに、後になって少しずつじわじわとわかりだし、「別もの」に変わっていく。そして、分...

『日日是好日』を読んで①

2018/11/26

先日映画の『日日是好日』を観て、よかったので原作のほうも読んでみました。感想を書こうと思ったのですが、まとまらないので、とりとめなく書いてみますね。よかったお付き合いください。(※赤字は引用です。本文を読んでもらうほうがいいので、引用ばかりになるかもです)特に本のほうを読んで思ったのが、作者の森下典子さんがお茶をやりながら感じたり変わっていったことが、私が座禅瞑想を始めてブッダの教えに触れるように...

               

違うことをしないように~『「違うこと」をしないこと』~

2018/10/23           

No image

言うのがちょっと恥ずかしいのですが、私は自分のことがわりと好きです。でも以前からずっとそうだったわけではなく、たぶん去年くらいからかな。その前までは、口下手で人と壁をつくる根暗な自分のこと、あんまり好きじゃなかった気がします。去年、何かが起こって急に明るい人になったからとか、急に自分のスペックが上がったから、それで好きになった、というわけではありません。私は私のままです。どうして好きになったのか、...

       

コミュニケーションのための人間?~『発酵文化人類学』~

2018/03/22           

No image

今読んでいる途中の『発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ』(小倉ヒラクさん著)に、ニューギニア島東部にあるトロブリアント諸島に住む各部族によって営まれる「クラ」という交換文化の話が出てきます。(※以下赤字部分は引用になります)この「クラ」とは、複数の島々で構成される円のなかを、赤い貝の首飾りを時計回り、白い貝の腕輪を反時計回りにしてぐるぐる回し続ける不思議な交換ゲームだ。このクラというゲーム...