やっと乗れた!

2018/07/06           

No image

お財布には日本円が3万ちょっと、韓国語も話せない、どうしようどうしよう、もうすぐ飛行機が飛び立つ。ままよ、エイヤっとセスナ機のような小さな飛行機に搭乗。宙返りするくらいの飛び方で身の危険を感じながら、韓国に到着。はて、これからどうするか。そうです、これは今朝がたの夢。なぜこんなしょうもない私の夢の話を書いたのかというと、飛行機に乗れたから。たまに見る似たような夢は、どれもあと1歩で間に合わないので...

しなくてもいいのに、なぜかしなきゃならない気がすること

2018/06/28

えらく長いタイトルになってしまいました。昔、中国に留学した時、中国語で仕事したいとか、何かに活かしたいとか、あまり考えていませんでした。そのわりに飽きっぽい私が1年間、わりと真面目に勉強したなあ。なんだか、しなきゃいけない気がして。それが結果的に今の仕事につながっています。最近また、べつにしなくてもいいことをしようとしています。理性の声が「そんなことして、いったいなんになる?」と問いかけますが、な...

               

わかったこと

2018/06/23           

No image

前回のブログの続きを今読んでいる『サピエンス全史』とからめて書こうと思ったのですが、ちょっと手におえず、いつか書けるようになったら書きたいと思います。『サピエンス全史』すごい本です、色んな物語がガラガラと崩れていきました。普段、家で仕事をしていて、人間関係の悩みというのがほとんどなく、能天気に暮らしています。それが久々に人からグサッと刺さるような言葉を投げかけられたショックで脳が活性化したのか、突...

       

リアルとリアリティについて その2(『脇道にそれる』の引用少し)

2018/06/18           

No image

※以前、“リアルとリアリティ”というタイトルで書いたことがあったので、その2としましたが、あまり関連はしていません。虚(リアルじゃないもの)で傷ついた翌日、朝からお風呂場で洗濯物を洗っていると、実(リアル)な手触りにほっとします。いつも私を慰めてくれるのは実(リアル)のほう。昨日、傷ついた時も「大丈夫、今日会っただけのこの人に嫌われても、私には私を大事にしてくれる両親や友達がいる。長い間私を見ててく...

本当に欲しいのは…

2018/06/15

先日ある映画の上映会後のグループディスカッションで、こんな話が出ました。「私はバツイチでお店をやりながら、2人の息子を育てました。運動会のお弁当も必ず手作りして持たせていたのですが、1度だけどうしても作れない時がありました。その時は仕方なく仕出し弁当を持たせたのですが、息子から“次からは絶対にやらないでくれ”と言われてショックでした。それからは必ず作るようにしました。」この話を聞いて息子さんが欲しか...