FC2ブログ
       

違うことをしないように~『「違うこと」をしないこと』~

2018/10/23           

No image

言うのがちょっと恥ずかしいのですが、私は自分のことがわりと好きです。でも以前からずっとそうだったわけではなく、たぶん去年くらいからかな。その前までは、口下手で人と壁をつくる根暗な自分のこと、あんまり好きじゃなかった気がします。では去年、何かが起こって急に明るい人になったとか、急に自分のスペックが上がったから、それで好きになった、というわけではありません。私は私のままです。どうして好きになったのか、...

       

そのままでいい

2018/10/20           

No image

嫌なことや残念なことがあった時、以前は→心の中でずっと文句を言ったり、悔やんだりしていた。少し前→今回のことは残念だったけど、このことがきっといいほうに転ぶに違いないと思うようにしていた。「人間万事塞翁が馬」の馬が逃げたと思って残念がっていたら、その馬がもう1匹を連れて帰ってきて、馬が2匹になった、ラッキーみたいに。でも最近は、それもちょっとネトネト感があるなあと思っていた。嫌なことがあって、それに...

       

まずは正見

2018/10/17           

No image

八正道とは苦を滅するためにブッダがこれをしなさいと言われた8つのこと。正見(正しいものの見方)、正思(正しい心の向け方)、正語(正しい言葉)、正業(正しい行い)、正命(正しい生活)、正精進(正しい努力)、正念(正しい気づき)、正定(正しい心の安定)の8つです。この8つをずっとランダムにどの並びでもいいと思っていたのですが、こちらの松本紹圭さんのインタビュー記事“AI時代に活きる、仏教の叡智”を読んで...

腑に落ちるまで

2018/10/08

昨日の朝のお寺の座禅会で、住職が“麻三斤”の話をして下さいました。「仏とはどのようなものか」と問うた僧に(中国北宋の)洞山禅師が「麻三斤」と答えたというお話。(当時の僧侶が着る袈裟は麻3斤で作られていたということ)ネットで調べても住職のお話でも、この話の言わんとするところは、「仏はどこにでもいる」ということらしいです。頭ではなんとなく分かるし、師にこう答えられた僧もたぶん、禅の教え的にはそうだよねー...

               

こつこつと心を耕す

2018/10/05           

No image

しのさんのブログ“瞑想以前。”の“アチャン・ニャーナラトーの日帰りリトリート4”を読んで先日観た「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画を思い出しました。ネタバレになりますが、どんな映画かと言いますと、津端さんという九十代の建築家と奥様が雑木林のある家で暮らしています。津端さんが師アントニン・レーモンドにならって建てた玄関のない家。庭にはたくさんのフルーツの木と奥様の菜園。津端さんは若い頃、日本住宅...